骨盤由来の腰痛の見分け方!

2019/07/01 ブログ
logo

慢性腰痛専門整体院TOKI 副院長 木村 正和

from店舗のデスクよりお届け!

今回もブログを読んでくださりありがとうございます!今、整体院、接骨院、もみほぐし店すごく多い印象がありますよね?その中で腰痛に対して骨盤がずれているから姿勢が崩れて腰痛になるんですよ。ってこと言われたことありませんか??

実際骨盤由来の腰痛は存在します。それに対して骨盤のゆがみを取る骨盤矯正とかありますよね??矯正受けてみていかかですか??効果を満足いくほど実感できましたか?

大体当整体院に来ていただく患者様は良くなった気がしないと言います。それがなぜなのかをお伝えしていこうと思います。そしてそのあとに当整体院が骨盤由来の腰痛にどうアプローチしていくのかをお伝えします!!

まず、骨盤というものに対してドクターは歪むという概念はありません。学会出席時にドクターが発表してました。ただ実際骨盤を確認していくと左右位置がずれていたり向きがずれていたりする人がいます。ここで理解して頂きたいのはドクターと私たちリハビリや整体師の考え方が違うということです!!

次に骨盤由来の腰痛なのに骨盤矯正を受けても効果がない人に向けてですがその答えはシンプルです。。それは骨盤由来の腰痛ではないからです。骨盤が歪んでいる人、沢山います。ただ歪んでいる=腰痛ではありません。その歪みがあなたの腰痛という症状の原因かどうかの検査をしましたか?ってことです。ほとんどの整体院がそこの関係性の検査をしません。だから憶測で施術をし効果が出ないのです。そこの部分も含め当整体院では検査力を徹底してます。

 

当整体院が骨盤由来の腰痛に対しての考え方は骨盤の向き、いわゆる傾きと股関節を主軸に考えていきます。骨盤というのは前傾10~18度が正常と言われていますがこれよりも角度が0に近づけば骨盤後傾と言いますし、角度が20度のほう大きくなればそり腰に近い状態になります。そしてこの骨盤の傾きに対して股関節がどのように動いて上半身を支えているか。またどのように下半身が動いて歩行が出来ているのか。など動作分析をしていきその人の身体に合う骨盤にしていくことによって日常生活でいえば、朝の腰痛の改善。歩行スピード向上、慢性腰痛改善、ぎっくり腰予防。など様々な部分で改善が見込まれます。

 

 

ここまでが骨盤由来の腰痛に対してのお話です。話せば話すほどこの分野も深くなっていきます。だからこそただ骨盤矯正すればよくなるってわけでもないです。

 

しっかりと症状にたいして検査し原因を見つけ出す。簡単じゃんって思う人がいるかもしれませんがこれをしっかりとやるからこそ結果がでます。

 

もしどこにいても良くらならないと思うなら一度当整体院にご覧院ください。

価値ある治療時間を提供いたします。