ぎっくり腰痛の対処法!!

2019/07/05 ブログ

こんばんは!

慢性腰痛専門整体院TOKI

副院長 木村 正和

from整体院のデスクよりお届け!

 

 

今回は

『ぎっくり腰痛』

『痺れ』

になった際の

対処法!!

 

そして

ぎっくり腰痛にならない

対処法について

お話していこうかと思います!!

 

皆さんは

ぎっくり腰痛の

ご経験はありますか??

 

なったことある方は

わかるともいますが

 

あれ...

 

ものすごく痛いですよね。。。

 

なにしても痛い。

寝返りですら打てない。

 

こうなった場合...

 

皆さんは

どう対処してますか?

 

整体にいきますか?

 

まず

 

ぎっくり腰痛の場合は

痛みが

ものすごく強いの

痛みを取り除きたいですよね。

その時はまず

患部を冷やしてください。

アイシングです!

 

アイシングすることで

痛みの感受性が変わりますので

全部の痛みは取れませんが

痛みを感じにくく

することは出来ます!!

 

あとは

コルセットです!

やはり

すべての動きに対して

腰の筋肉がうごき

痛みが伴うので

腰をコルセットで安定させて

患部の安静を図ってください。

ご自宅で出来る

即席のやり方が

これらの

2つ

になります。

患部に負担をかけないように

していただきつつ

治療をしてくのが

一番体への負担がない

かと思われます!

治療に関しては

各整体院、接骨院ごとに

違うので

それによっても

腰痛の

治り具合も変わってきます。

 

当整体院では

ぎっくり腰痛に対して

 

まず

本人の

一番楽な姿勢

 

・横向き

・座り

・仰向け

など

各個人一番楽な姿勢

を決めて施術していきます。

なぜなら

本人の楽な姿勢

が一番

腰に負担がない

状態だからです!

そこから

各患者さまごとに

痛みを取り除くことを

目的とし施術を行います!!

 

次に

ぎっくり腰痛にならない

ようにする対処法

は大きくわけると

3つ

あります!

 

① 体の柔軟性

② 代謝を高くすること

③ 睡眠を確保する事です!!

なぜこの3つ

を重要視するかというと

まず、

体の

柔軟性を確保!

仕事や家事、育児にたいして

体への負担を減らすこと。

それと同時に

柔軟性が出てくると

筋肉の代謝量が増え

体の循環が上がります。

そうすることで

疲れにくい体

作っていきます。

最後に

疲れにくい体だったとしても

少しは疲労が残ります。

それを取り除くために

睡眠を確保!

これが大切になります!!

ぎっくり腰痛になった際、

辛いはずです。。

そうならないように

少しご自身の身体を

ケアすることで

防止することは可能です!

 

ここまでが

今回の内容になります!

また腰痛専門整体院目線で

ブログを

投稿していきますので

よろしくお願いいたします。