坐骨神経痛が改善しない理由

2019/08/01 ブログ

慢性腰痛専門整体

-TOKI-

副院長 木村 正和

 

今回は

坐骨神経痛

が改善しない理由

 

について語ります!

 

早速ですが

坐骨神経痛は

なぜ

なかなか

改善しないと

思いますか??

 

答えは簡単です。

 

医師

リハビリ

接骨院

整体院

で坐骨神経痛

に対する正しい知識

そして

的確な施術法を

知らないからです。。

 

前回(1か月前ほど)

 

小峯からブログで

 

現在の最新の

坐骨神経痛について

お話があったかと

思います。

 

なので今回は

 

坐骨神経痛

に対して有効な

セルフケア

どこをケアすると

 

悩まれている

坐骨神経痛

改善するかを

お伝えしていきます。

 

どこを

ケアすると

効果を出すかというと

肩です!

 

これは

 

私が勉強させて

頂いているセミナーから

肩の僧帽筋が

固くなり

肩甲骨の可動性が

低下すると

臀部に

坐骨神経痛と

同じ痛みが出ます

 

様々な

パターンが

ある中での

一例になります!

 

結論から言うと

 

僧帽筋を柔らかく

する事!!

肩を柔らかく

する事!!

 

少し細かい話に

なりますが

肩甲骨が

固くなると

全身の筋膜の

つながりから関連し

殿筋が固くなります。

 

だから上半身由来の

坐骨神経痛に似た

症状になるわけです。

 

だから

殿筋を

揉んでも

改善しないのです。。

 

だって肩が原因で

症状が

出ているんですから。。

 

では

どのように

肩の可動性を

上げていくかというと

ストッレチポール

を使います。

 

ストッレチポール

って

皆さんしってますか?

 

結構これ使えるんです。

 

ただ

坐骨神経痛

は痛み、痺れ、

を伴いやすいんで

 

ストッレチポール

に乗り

肩の

ストッレチをする際は

膝を必ず曲げて行います

 

文面では実際

にどのようにやるのか

難しいと

思いますので

動画にて投稿します!!

 

ご覧ください!!