坐骨神経痛とはどんな症状か。

2019/08/02 ブログ

埼玉県蓮田市で唯一の

慢性腰痛専門整体-toki-

副院長 木村 正和

 

今回は

そもそも

坐骨神経痛

って何?

 

ということで

 

腰痛専門の当整体院が

 

徹底解説します!!

 

まずは

坐骨神経について

 

これは

人体最大の神経である。

その神経の枝は

足底にまで続いている。

 

それにより

 

下肢の筋肉を支配している

 

そして

坐骨神経痛とは

一般的にネットとかでは

 

坐骨神経が体の様々な

原因によって

圧迫

刺激を受けることで

痛みや痺れ

訴えると書いてあります。

 

症状としては

当整体院に

坐骨神経痛で来られた方は

たいてい

前屈、後屈

臀部の痛み痺れ。

 

朝の起き上がり

夜の寝はじめ

腰の痛み。

 

日常生活では

長時間立っていると

臀部が痛い。

 

靴下がはけない。

などなど。。。

 

治療法は

病院では

 

投薬

 

注射

 

リハビリ

(マッサージ、機能訓練)

 

エリゾン療法

(複数の科のドクターが連携し心と体のケアを行う)

 

脊髄刺激法

 

電気信号で脳に刺激を

いれ痛みを取り除く)

 

整体院では

 

矯正

 

マッサージ

 

など。。。

 

予防と改善法

 

坐骨神経痛、ヘルニア

狭窄症、すべり症

慢性腰痛すべてに

いえることですが、

急に坐骨神経痛になるわけではありません。

 

日常の生活の癖

(足を組む)(歩き方)

(姿勢)(柔軟性)、、、

これらが積み重なって

おこるものです。

 

なので

事故で体が怪我をした

とかではないので

予防策はあるわけです。

 

それは

 

第一に

体の柔軟性

取り戻すことです。

 

別に柔軟性があれば

痛みや坐骨神経痛に

ならないというわけでは

ないですが、

坐骨神経痛になりにくく

することはできます。

 

仮に坐骨神経痛に

なったとしても

症状がひどくなることを

防止することにもつながります。

 

まずは柔軟性。

特に

前屈、後屈をできるように

ストッレチです。

 

今日は

蓮田の整体院で行って

いる知識やケアというよりかは一般的に広く言われている部分をまとめてみました。