坐骨神経痛は脛腓関節で改善する!

2019/11/20 ブログ

蓮田市で

唯一の慢性腰痛専門整体

整体院-TOKI-

 

副院長 木村 正和

 

今日は木枯らし1号と

寒さが一段と厳しくなってきました

皆さん体調のほうは大丈夫ですか・

 

当整体院では院長の小峯が

早速風邪をひいて冬の洗礼を受けてます。。

 

今回ですが坐骨神経痛

改善当整体院が

実際に使っている

施術部位の話をしていこうかと

思います。

 

それはどこかというと

脛腓関節です

 

 

 

これを読んでいる方が

医療従事者ならここの関節が

どこにあるのか一発で

わかると思うのですが

たいていの方がわからないと

思うのでまずは

それをお話していこうと

思います。

 

 

 

これは膝関節の少し外側の

脛骨というの骨(弁慶の泣き所)

腓骨という骨で出来ている

関節です!

結構小さい関節なんですが

ここが坐骨神経痛にとっては

結構大切なポイントになります。

 

 

 

次になんで

 

 

 

この脛腓関節

坐骨神経痛

効くのかという話になってきますが

ここの2つの関係性を

繋げているのが

筋膜というものです

最近結構TVやネットで話題に

なってきているところのです!

 

 

 

 

この筋膜というものは

全身の繋げておりまして

例えば

①後頭部とアキレス腱

②耳と外くるぶし

③親指と肩

このように離れた部位でも

筋膜というものを介して

繋がっています。

 

 

 

 

なので今回の

坐骨神経痛のような

痺れや痛み

この筋膜を使い改善していく中で

脛腓関節という場所を使い

筋膜の繋がりでいうと

ラテラルライン

という場所を緩めることで

改善するというわけです

 

これは一人でも出来ますので

そのやり方をシェアしていければ

と思います!

 

 

動画にてブログのほうと

ホームページの新着情報という欄に

載せていくので是非ご覧ください