歩くときには親指が鍵になる👣

2019/11/27 ブログ
logo

蓮田市で

唯一の慢性腰痛専門整体

整体院-TOKI-

副院長 木村 正和

 

 

おはようございます!🌅

今日で雨の日が関東は6日連続記録。

我が家もそうですが洗濯物。。。

まったく乾きません。。。

早く晴れて洗濯物もよく乾いて

気分も晴れ晴れとしたいですね!!

 

 

 

本題のブログの内容ですが

今回は前回の流れに続き歩行の話です!

前回はまず踵から地面に足をつく

という話をしました!

踵から地面に足をつくことが出来て

はじめて次の段階へ行きます!!

その次の段階が今日の内容です!!

 

 

 

 

踵から足裏をついて次に

どこを意識して改善するかというと

親指です💪

なぜ親指かというと地面を蹴るという

動作が入って初めて前へ歩くことが

できます!👞_👞_👞_👞

 

わかりやすい例

 

皆さん靴の裏

外側すり減るの早くない

ですか??👣👣👣👣

 

これは足の親指が

うまく機能を

していないがために

地面を蹴れずに

いるということです!

 

原因としては、、、📖

①外反母趾

②土踏まずがない(偏平足)

③膝が悪い

④股関節が悪い

⑤横アーチという骨がずれてきている

など、、

細かく言うと他にもありますが

ここら辺が多いと思います>

 

 

 

この親指がうまく機能しないと

まず前へ進むという動作が抜けるので

①歩数が無駄に増えます⤵

②歩幅が狭くなります👣

③歩行スピード落ちます

④筋肉への負担が偏ります。

など、、、

 

そんな方へ歩行改善の

親指が使えるようにする

当整体院限定

 

 歩行改善👤

独自メゾット👞

 をホームページに載せます!!!

 

 

本来は治療を受けて頂いた方に

て提供していますが今回は

このホームページを見た方に

提供します!!📺

 

興味のある方、ぜひぜひ

ご覧ください!!!👍