筋膜が腰痛、膝痛の引きがね、、、、

2019/12/02 ブログ
logo

蓮田市で

唯一の

慢性腰痛専門整体

整体院-TOKI-💊🏥

 

副院長 木村 正和👕

 

 

今日はまた雨ですよ、、、

テンション下がりますね、、🌂🌂

洗濯物が乾かなくて困りますね👔👕

でも天気に負けずに

1週間頑張りましょう!!!!

 

 

 

 

 

今回のブログの内容は

前回お伝えしたように

筋膜というものが

①どういうもの

②腰痛、膝痛の関わり

などの2本立てで書いていきます📖📚

 

 

 

 

早速本題に入っていこうかと思います!

 

まず

 

①筋膜というものはどういうものなのか。

筋膜というものは

全身を包んでいる膜です!!

イメージしにくいと思いますが

わかりやすく言うと、ささみ肉🍖

買うと肉の周りについている薄い膜です

これが全身の筋肉やら内臓やら

体の中を包んでいます。

 

 

 

 

 

次に

 

 

②腰痛、膝痛とのかかわり

腰痛と膝痛が全て筋膜からとは

言いませんがほとんどの原因が、

筋肉、筋膜からきています。

具体的な数字は後で記載します。

筋膜というのは第2の骨格

と言われていています。

なぜ筋膜なのに骨格という骨みたいな

たとえをしているかというと

これは筋膜の特徴の

形態記憶能力

があるから骨格と言われる理由です。

 

例えば

 

仕事や何かしらで姿勢が崩れてそれが

続くと筋膜はその悪い姿勢で固まって

しまいます。

そもそも骨というのは

筋肉が柔軟に動いて前屈やら後屈やら

できます。

その骨を動かす筋肉は筋膜の

柔軟性で動きの良しあしが決まってきます

 

 

 

 

つまり筋膜は体を動かすために

一番重要な部分になってくるわけです。

 

 

 

ここの筋膜が姿勢不良などから

固まって本来の柔軟性を失うと

筋肉に影響が生き

筋肉~骨に影響が行き、体そのものに

影響を与えるというわけになります。。

 

 

だからこそ

今まで整体、病院、接骨院、針

で改善しない場合、

ここの筋膜という原因が多くあります

 

 

ここまで読んでいただければ

 

少しでも筋膜というものが

原因としてあり今の腰痛、膝痛、肩痛

になっている可能性があります。

 

もし今悩んでいる方がいるなら

当整体院で筋膜治療受けてみてください!!