(臀部痛)立つ、歩くで、でるお尻の痛み。

2020/01/29 ブログ
logo

蓮田市で唯一

慢性腰痛専門整体

整体院TOKI

 

副院長 柔道整復師 木村 正和

 

 

関東地方は雪や雨が抜けて

今日は晴天☀

これはたまった洗濯物がよく乾きます。👕

今日も一日頑張りましょう!!

 

 

そして昨日は

四十肩を背骨を使って改善という話でした

 

 

今回は

たまに患者様の中で

いらっしゃるのですが、

 

 

(立っている)(歩いている)(座っている)

 

 

などの単純な動きで

腰痛とかではなく臀部に痛みが出るという

方に向けて話をしていこうと思います。

 

 

そんなにこの症状だけで

なっている方は僕の経験上多くないと思います。

 

 

次にこの臀部痛は

坐骨神経痛の初期だと思います。

臀部(梨状筋)という場所に負荷が加わり

動きの中で臀部痛が出ます。

 

 

この臀部(梨状筋)

に長期間負荷がかかると

臀部痛が下半身のほうに広がってきます。

これが最初は痛みだけだったのが

痺れに変わってきます。

 

 

ここで大事なのは

臀部痛だけの段階で施術することで

2.3回でほぼ症状がきえて落ち着きます。

理由としては臀部痛が下半身のほうに

来ている段階だとそれは、症状が

進んでいる状況なので痛みがとりにくくなります。

 

 

だから臀部痛だけの段階で処理することを

オススメします!

 

 

その時に

運動している方だったりストレッチ経験

ある方はよく

坐骨神経痛に効くストレッチ(後で動画UPします)

などをやっているという方はいます。

その時にあることを意識するだけで

そのストレッチの効果が高まります。

 

それの話を動画で補足して投稿します!!

少しお待ちください!!