脊柱管狭窄症と思いきや、(実は〇〇〇〇〇だった。。。)

2020/02/03 ブログ
logo

蓮田市で唯一の

慢性腰痛専門整体

整体院TOKI

 

副院長 柔道整復師 木村 正和

 

 

 

 

 

 

最近コロナウイルスが凄く広がっていて

感染率も高くすごく心配ですよね。。

マスクもなかなか手に入りにくい状況でして

手洗いうがい徹底して行っていきましょう。

 

 

 

 

さて

 

 

 

 

今日の本題ですが

これは

実際にうちの整体に来てくださった

患者様で起きた体験談を書いていきます。

僕の予想ですが、

多分にたような症状で

悩んでいる方がいらっしゃると思い

書いていきます!!

 

 

 

 

 

 

まず

 

この方は

病院(整形外科)で

脊柱管狭窄症という診断を受け

1年以上も

リハビリと薬で過ごしてきたようで

1年かけ徐々に足の痺れと腰痛が悪化して

今では

立つときに電気のような痛みが

足に走るようです。。。

 

 

 

 

 

という状態で

来ていただき

当整体にて私が診させて頂きました。

 

 

 

 

 

話を聞いていくと

脊柱管狭窄症の診断を受けてはいるが

本人の訴えている症状が

坐骨神経痛にとても似ていると思い

脊柱管狭窄症の検査をしたら

みごとにどれも当てはまらず、

坐骨神経痛の検査をしたらピンポイントで

当てはまりました。

 

 

 

 

 

 

先に結論から言うと

脊柱管狭窄症という診断を受け

脊柱管狭窄症のリハビリを受けてたが

実は私は坐骨神経痛だった。

という話です。

 

 

 

 

 

だからリハビリを行っている分

急に悪くなることはないけれども

的外れなことを体に行っている分、

徐々に症状が進んでいたというわけです。

 

 

 

そして今回は

患者の身体の合わせた

坐骨神経痛の施術をさせて頂いて変化が出ました。

 

 

 

これは

今回症状に悩んで来院してくださった

この方だけに当てはまることではないので

もし、私もしかしたらと思う方は

一度ご相談ください!