腰痛施術の当整体の考え方📚

2020/02/07 ブログ
logo

蓮田市で唯一

慢性腰痛専門整体

整体院TOKI

 

副院長 柔道整復師 木村 正和

 

 

今日もとてもいい晴天ですが、、、

めちゃ寒いですね。

僕の家では水道管が凍ってしまい、、

朝から大変でした。

 

 

 

 

今日のブログは、前回に続き

コンテンツとかではなく、

当整体の施術の考え方の中で、

腰痛に対してはどのように施術をしているのか。

 

 

 

そこをお話していこうと思います。

 

 

 

 

まず

前回お伝えしていきました部分の

技術よりも先に施術に対する考え方で

変わるということの話をしていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

では、

考え方の次に

当整体ではどうのようにしていくかというと

問診と体の検査に時間をかけます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、なぜかというと

 

 

腰痛=腰が悪いではなく

 

 

腰痛=腰に症状が出ているだけ

 

 

 

このように、とらえていきます。

 

 

 

 

 

 

ヘルニアが仮に体の中に存在していたとしても

腰の痛みが本当にそこからきているのかの

検査をしていきます。

 

 

 

 

 

それはなぜか。

画像だけが全てではないのです。

画像でヘルニアがあるというのは、

事実ですがそれ以外が痛みの可能性を生んでいる

事を視野に入れる必要があります。

 

 

 

 

視野に入れてない場合

ヘルニアの症状を取ることに必死になり

結果として患者様を救えないこともあります。

 

 

 

 

だから

考え方の次に大切なのは

広い視野(全身評価)です!!

 

 

 

 

 

 

全身を評価をして、

あっこの人の身体はこういうことで

こんなに症状が出ていて辛いんだ。

って、わかってきます。

 

 

 

そして最後に

原因に対して技術的な部分が大切になります。

 

 

 

 

 

技術が世界一でも人は救えません。

その前段階がとても大切なのです。

 

 

 

 

次回は技術面投稿します!