仙骨がずれている場合の背骨の歪み

2020/02/25 ブログ
logo

蓮田市で唯一

慢性腰痛専門整体 

整体院 TOKI

副院長 柔道整復師 木村 正和

 

 

 

 

 

 

今回は、

体がどういう状態の時に

背骨が歪むのか。

ということについてある一例を

お伝えしていこうと思います!!

 

 

 

 

 

その

ポイントは、

仙骨です!!!

 

 

 

皆さん

一度は聞いたことはある

骨ではないかと思います。💀

 

 

これが

歪むと、その上にある背骨は歪みだします。

その歪み具合も

仙骨によって変わりますので

ここから詳しく書いていこうと思います📚

 

 

 

まず仙骨の歪みを

確認するのには

骨盤のPSISという骨の突起を

触知することから始まります!!

 

 

これは誰しも存在している骨です!

 

 

 

 

 

鏡で見ると

背中側の腰あたりにえくぼ見たくなっている

ところです!!

 

 

 

 

 

 

そこのズレが

仙骨のズレに関わり、

その仙骨が背骨の歪みに繋がります。

 

 

 

例えば

その骨盤の右のPSIS

が下に下がってずれていると

仙骨は右に傾きます。

 

 

そうすると背骨は右方向に

湾曲します。

それを補正しようと体は左へ傾きます。

 

 

このように

仙骨が右ずれるとそれに体が連鎖して

背骨が補正しようと働いて

歪みます。

 

 

 

その場合は

結構多いですが、

仙骨近辺に痛みを訴える方が

多いです。。。

 

 

 

わかりにくい部分

説明がへたくそで申し訳ありません。

 

 

次回も仙骨のズレに対する

歪みシリーズ投稿していきます!!