【ヘルニア】朗報!!

2020/02/29 ブログ
logo

蓮田市で唯一

慢性腰痛専門整体

整体院TOKI 

 

 

 

副院長  柔道整復師 木村 正和

 

 

 

今回は

蓮田で

今最も困っている腰痛ランキング

第1位のヘルニアの方に少しでも

何かできればとブログを書いています!!

 

 

 

 

 

 

 

まず、

お伝えしたいのが

ヘルニアは手術だけが治す方法では

ありません。

 

 

 

 

手術をして痺れは取れたが腰は痛い。

手術をしたのに別な場所でヘルニアが出た。

医者からは痛いなら手術しかないね。

などの意見や体験談を聞いたことがあります。

 

 

 

 

では

今日は

①{手術をして痺れは取れたけど腰は痛い。}

 

 

 

①の場合には

結論から行くと痺れを出していたのがヘルニアで

痛み「腰痛」を出していたのはヘルニアではない。

ということです。

 

 

 

だから

腰痛の原因がヘルニアでない以上

手術しても取れるわけありませんよね。。。

 

 

手術が悪いわけではないですが

痛みがの残っている部分はリハビリで巻き返す

ところが多いです。

 

 

 

ここからが本題です。

リハビリの先生はドクターが

ヘルニアと診断して手術をしてリハビリに

機能回復等を依頼してきます。

 

 

 

ってことはリハビリの先生はその痛みが

ヘルニアからきていると信じます。

 

 

 

そこで、ある疑問が生じます。

 

 

 

最初に結論で行ってしまいましたが

ヘルニアからすべて来ていると信じてるがゆえに

「本当は違うこともあるのに」

術後この腰痛はヘルニア由来だから

ストレッチとか筋トレとかをすれば

消えるだろうと安易な考えになります。

 

 

 

 

 

だから

【腰痛がなんで残っているのか】

【何で痛みを生んでいるのか。】

もちろん手術をしているので

創部の痛みはあります。

月日がたてばそれは関係なくなります。

でもその時にはリハビリは終了しています。。。

 

 

 

 

結果【私、手術までして痛みが残ってるわ】

になります。。。。

 

 

 

こういう方は絶対に存在します。

 

そういう方はどうすれば脱却できるか。

 

 

 

 

 

 

 

それは

全身を診ること。

体のバランスをとること。

歩き方を補正する事。

他にも沢山あります、、、、

 

 

 

その痛みを生んでいる可能性は

体のどこかに必ず存在します。

 

 

そこを見つけ出す検査です。

それがとても大切です!!!

 

 

もちろん施術も大切ですが

それ以前に体をよく見て評価する事。

 

 

これが一番大切です。