【仙骨】が歪んでいる人の特徴!

2020/03/03 ブログ
logo

蓮田市で唯一の

慢性腰痛専門整体

整体院TOKI

 

 

 

 

副院長 柔道整復師 木村 正和

 

 

 

 

 

 

今回は、

仙骨のずれ方の特徴についてお話していきます!!

 

 

 

足を組む癖が

ある場合の歪み方についてお話していきます!

 

 

説明書きみたくなってしまいますが

最後まで興味ある方は読んでください!!

 

 

例えば

電車でも仕事でも何でもいいです。

足を組む方は大抵同じ足を組みます。

それは、

癖と言ってしまえば癖ですが、

その同じ足が組みやすくなってしまっている

ということは

そういう形に歪んでいるということでもあります。

 

 

では

それがどのように歪んでいるのか。

それをお話していきます。

 

 

まず初めに

足を組む際の上の足

その上の足側の骨盤は足を上に上げる際に

骨盤が後ろに後傾という動きをします。

 

 

 

 

次に足を上に乗せたら

体重を乗りやすい位置に移動することを

します。

 

 

 

 

つまり

右足を上に組んだ状態で体重を左に移動します。

そうすることで、右と左の骨盤の高さがずれます。

(右の骨盤のが高い)

 

 

次に

体重が左にずれて

左の臀部に重心が乗っている状態だと

体がバランスがとりにくいので

上半身を右に傾けバランスを取ります。

 

 

そうなるとイメージ的に

背骨が蛇の動きみたく歪みますよね。。。

 

 

 

その状態の時に仙骨がどのように動くか。

仙骨は左方向に歪みます。

そのずれがずっと続くと、、、、

仙骨と骨盤をつないでいる仙腸関節に

負担がかかり関節炎をおこしたりします!

 

 

これが椅子で足を組む癖の場合の

歪み方のイメージです!

 

あれだけ右に左に歪んだら

腰やら背中やら肩やら出ますよね。。。

 

 

そういう場合の対処法次回ブログで書きます!!