産後【綺麗な骨盤の形】ってどんな形?

2020/03/21 ブログ
logo

蓮田市で

唯一慢性腰痛専門整体

整体院TOKI

 

 

副院長 柔道整復師 木村 正和

 

 

 

 

ここ数か月、、、

コロナウイルスの影響で

イベントや何かといろいろと

制限が出ていて生活しにくい状況が

続いていますが皆さんは

体調面大丈夫でしょうか??

 

 

私は、ストレス発散に

サイクリングをしています!!

 

 

 

で、早速

今回の内容になりますが

今日は産後の骨盤が

どういう形になっていれば

綺麗に整っているのか。

視覚的な目線からお話していこうと

思います!!!

 

 

 

皆さんは、

産後と関係なく

お尻がどんな形をしていると

骨盤が整っているように

見えたり感じますか??

 

 

例としては

お尻がプリッとしている。

たるんでない。

くびれがある。

などあると思います!!

 

 

形が整っていると

筋肉の付きが良かったり、

見た目で差が出たり

何より腰痛がなかったり

女性特有の産後の尿漏れ

がないなど、いいこと尽くしです!!

 

 

 

 

ではどういうのがいいのか。

 

 

 

 

それは、

腰痛専門家目線から

骨盤の機能面も含めた

綺麗な形をお伝えしていこうと

思います!!

 

 

まず骨盤というのは

緩んでいるより、しまっていたほうが

機能的にいうといいと思います!!

 

 

しまっているとは、どういう状態かというと

骨盤にあるPSISという骨の突起の位置が

左右一緒であること。

そして、PSISの距離が近いことがいいです!

 

 

そういう骨盤は

どういう形をしているか。

 

 

 

それは

三角形のお尻をしていることです!

 

 

 

 

右尻+左尻+両方のPSISを結んだ状態です。

 

 

 

 

そういう骨盤は

下が大きく上が閉まっている。

ゆえに骨盤からくびれが出来ていて

美しく見える!!!

 

 

そうすると外見上は

三角形に見えているといいということ!

これだけではありません。

お尻の筋肉がプリッとしていることです!

 

 

 

ここも大切で、

プリッと

していることは

どういうことかというと

お尻の筋肉がしっかり機能しているということ

歩き方がきれいであること!

 

 

 

 

 

そしてお尻の筋肉が使えているということは

骨盤がゆがみにくいということになります!!

 

 

 

 

この2つが大きく分けて

わかりやすい部分になりますので

ぜひ参考にしてみてください!!