産後の疑問【骨盤矯正っていつからやるのがベスト?】

2020/03/24 ブログ
logo

蓮田市で唯一の

慢性腰痛専門整体

整体院TOKI

 

副院長 柔道整復師  木村 正和

【二児のパパ】生き物大好き!

 

 

今日はとても風が強く花粉症の人には

辛い日になりますね。。。

なぜか花粉症のないと自覚していた私が

今日はものすごく目がかゆいので、もしやと、、、

思っています。。。。

 

 

 

今日は結構疑問に思っていたり

実は知らなくて、損したりしている、

産後の話です!!

 

 

 

 

内容はタイトルにある通り

そもそも

産後の骨盤矯正っていつからやるのがベスト

という話です!!

 

 

 

 

 

これは明確に基準があります!!

 

 

 

 

その基準を知っておくと

骨盤矯正の効果の有無にも関わってきます!

 

 

 

 

まず、いつから骨盤矯正するのか

といういつまでに受ける必要があるのか。

というところが大切です!

いわゆる、それが期限になります!

その期限とは6か月以内です!

 

 

 

 

理由としては

妊娠中に女性の身体の中で、リラキシンという

ホルモンが出ます!

これは、関節や筋肉、靭帯を緩くする作用が

あります!

 

 

その中で

体の土台である骨盤が緩んでくると

グラグラして体がしっかりと支えることが

難しくなります。。

 

これは少し深堀ですが、

リラキシンは特に骨盤の恥骨結合を

緩めるという話もあります。

 

 

 

ってことは

出産というビッグイベントにより

起きるホルモンの作用によって

体を支える骨盤が緩んでくるがゆえに

姿勢保持だったり、中腰だったりが負担に

なります。。。

 

 

 

 

この結果

リラキシンンにより

ずれてしまっているものが

そのまま、ホルモンが低下して

骨盤が悪いまま固まると

腰痛、尻でか、頻尿、尿漏れ、体重

に関わってきます、、、

 

 

 

 

基本的には

当院では、そのことも踏まえたうえで

産後6か月以内に骨盤矯正を

行うことを推奨しています!!!

 

 

イメージ的には

産後徐々に骨盤が固まろうとしてくる

生理的な反応に合わせて

意図的に力を加えて、いい位置に骨盤を

戻していくという形です!!

 

 

もし産後、骨盤矯正なり

、産後の症状で悩んでいるなら

ぜひご相談ください!!