症例報告!腰痛、股関節編!!

2020/10/07 ブログ
logo

蓮田で唯一

慢性腰痛専門整体

整体院TOKI

 

副院長 柔道整復師 木村正和

 

 

今回はですね

初めて書きますが実際に当整体に来られている患者様の

症状や、原因の見つけ方。治療法。

マッサージなのかストレッチなのか筋膜なのか。

実際の施術に至るまでの流れを細かく書いていこうと

思います。

 

 

 

なぜ、こんなことを書くかというと

当整体院を、1980円もみほぐしとかリラクゼーション

と間違えてきてしまう方や自分にはどういう治療院が

いいのかとか治療院選びをするにあたって、

あーTOKIさんの整体院は、整体って名前付いてるけど

こんなことやるんだ。とか患者様にもっと当院のことを

知ってほしくて書いていきます!!

 

 

まず、ざっくりとですが

症状

歩行時、階段時、前屈などの身体をかがめるときの痛み

次にベットに横になってもらい他動(木村が足を持ち動かすす)これは痛みなし。

常に場所は右臀部に痛み。

症状が出た時は仕事に支障が出て休むほどの痛み。

コルセットなどをしたが効果なし。

 

 

症状の分析。

まず整理していくと

運動時(体を動かしたとき)に痛み

ただ、荷重(自家筋力)を使って動かしたときのみ。

私(木村)が動かす(他動)では痛みがない。

 

特に歩行時、階段時に右臀部に痛みが出てること。

 

まずここまでで、わかることは

自分で動かすと痛いが、他人に動かされると痛くない。

そして年齢的な部分、既往歴、症状の出方からして

股関節の骨などの関節の痛みではないことがわかる。

(年齢、性別は30代、女性)

 

次に歩行分析

歩く際に症状が出ることから歩いてもらった。

歩く際に歩行周期が乱れていることがわかり

足関節の動きの確認、体幹の捻りなど確認

 

そうすると

歩く際に足首がうまく動いていない観点から

(分析結果は省略)

常に歩くときに体が横揺れしてしまい体の横が全て

固まっていることが分かった。

 

体の横のラインはラテラルラインといい

そこのライン上には臀部が入ってきます。

 

 

 

 

治療(TOKI筋膜施術+歩行修正+セルフケア指導)

 

ここで大切なのが

多分大半の方が治療方法だったり、骨盤矯正だったり

治療の内容を重要視すると思うのですが

 

それは間違えていることが多いです。

 

 

 

ブログの内容を見てもわかる通り

症状の診たてから分析が出来て初めて施術して効果が出ます

その症状の原因や理由がわからないまま施術したら、万が一

怪我や痛みの悪化。症状がいつになっても軽減しない。

もしくは別なところが痛みが出た。

など、本来体を良くしたくて来たにもかかわらず、結果的に

来る前と来た後で変わらなかった。ということが起きます。

 

 

だから、診たてや分析が重要なんです。

 

 

ここまでが今回の内容になります。

わかりにくかったと思いますが、当整体院は

蓮田市で唯一腰痛専門としてこのような形で

やらさせて頂いております。

 

 

ぜひ皆様の参考になればと思っております・