(腰痛)持ちが行うストレッチポール体操とは??

2020/10/29 ブログ
logo

埼玉県蓮田市で唯一

慢性腰痛専門整体整体院TOKI

 

 

副院長 木村 正和 柔道整復師

 

宇都宮線 蓮田駅 東口 のくぼ通りから徒歩7分

宇都宮線 東大宮  車で15分

野田線  岩槻駅  車で15分

 

駐輪場 駐車場6台完備

 

コロナウイルス感染予防対策実施。

抗体検査実施済み!

 

 

 

 

 

 

今回は前回の流れから続いて

腰痛(ヘルニア 狭窄症、慢性腰痛など、、、)

持ちがやったほうがいいストレッチポール体操を

話していきます!!

 

 

 

腰の前弯を過度に出すような使い方は腰痛を

悪化させかねないというのが昨日でじゃあどうしたら。。。

 

 

 

 

それは腰痛の原因もしくはここをやると改善

するというのがありまして、それは殿筋!!

 

 

 

 

お尻筋です!!!

 

 

 

 

 

 

これをストレッチポールを使って

殿筋だけを単発で緩めれれば腰痛の人には効果が出やすい

ただ注意なのが2つあります。

 

 

 

 

 

 

1つ目がそもそも殿筋をストレッチポールで緩める際に

動きだったりポーズを取る際に痛みが先行する方。

 

 

 

 

上記のようにまず緩めることが困難な場合は、そもそも

ストレッチポールで腰痛を何とかしようとするよりも

ストレッチとか別なやり方のほうが向いている場合がある。

 

 

 

 

 

 

 

2つ目が殿筋以外が原因で腰痛が来ている場合。

殿筋が緩めば大なり小なり腰痛は軽減する傾向が

多いですが、原因が別にある場合はすぐに症状が戻る。

 

 

これら2つが注意しなくてはいけないことです!!

 

 

 

 

実際に殿筋をストレッチポールで緩めるやり方は

 

殿筋 ストレッチポールで動画検索してみてください!!