腰痛に貼る湿布の正しい使い方。

2021/01/29 ブログ

FROM 慢性腰痛専門整体TOKI

 

おはようございます!

 

 

 

 

皆さん腰痛で

病院(整形外科)に

受診した際に医師から湿布を

処方された経験ありませんか?

 

 

 

 

 

その湿布

腰に貼ってみて

腰が楽になったとか

変化はありましたか?

 

 

 

 

 

実は

腰痛の種類によって

湿布の種類の使い分けが

必要になります。

 

 

 

 

最初に

腰痛の種類から

何パターンかに分けて

いきます。

 

 

 

①急性腰痛

 ぎっくり腰、急性ヘルニア

 腰が熱も持っている

 脊柱管狭窄症(激痛)

 、、、、など

 

(ヘルニア、狭窄症、すべり症は痺れや痛みが強い場合は炎症が強いため①に含まれる。)

(例外として①に入らないヘルニアとかはヘルニアは持っているけど筋肉由来の腰痛の方とかは①には入らない)

 

 

 

 

②慢性腰痛

 

 筋肉由来腰痛

 姿勢由来の腰痛

 長時間何かをすると出る腰痛

 痛みはそこまででないが違和感

 昔からある腰痛

 

 

 

 

次に

湿布の種類

温湿布と冷湿布

この2つになります。

 

 

 

基本的な

考え方として

温湿布は慢性腰痛

冷湿布は急性腰痛と使い分けます

 

 

 

 

急性腰痛は

患部に炎症が出て熱感が出ます

 

 

それを

抑えるために冷湿布を使って

炎症を抑えることが出来ます

 

 

 

 

 

 

逆に

慢性腰痛は

炎症というよりも

 

腰を使いすぎて腰が痛い。

疲労性の腰痛

循環が落ちての腰痛

一過性のストレス性腰痛

 

 

 

 

 

これらは

炎症ではないので

温湿布を使って循環を

上げて筋肉を柔らかく

することが大切です。

 

 

 

 

以上

ざっくりではありますが

腰痛の種類

湿布の種類

それを合わせた使い方

説明させて頂きましたが

まずは大きく分けての使い方

を知ることが大切です。

 

 

また次も

腰痛に関しての

疑問や悩み回答していきます!

 

 

 

 

 

慢性腰痛

専門整体整体院TOKI

 

宇都宮線

蓮田駅東口徒歩7分

のくぼ通りまっすぐ

 

埼玉県蓮田市

馬込1-308ドムス壱番館106号室

 

駐車場4台完備(院から60秒)

 

お問い合わせ

hasuda_seitai_toki@yahoo.co.jp

 

 

もしくは

下記までお問い合わせください

080-4898-1450